プロフィール
アホ支群本部
アホ支群本部
「HEART ROCK」におけるJ隊ユニットの各種連絡/調整業務を担当します。
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人

2012年08月16日

脱落防止について

通常のサバイバルゲーム時に自身の装備品を脱落、紛失してもフィールドスタッフに問い合わせればかなりの確率で回収出来ます。が、ハートロックの会場となる本栖ハイランドの場合、元々がサバイバルゲームに特化したフィールドではなく、起伏も激しく、広大なフィールドからの回収はまず不可能。

過去のハートロックでも「盛りに盛った」参加者があれこれ紛失しては泣きをみている光景に各所で出くわしました。

そこで、支援群では自衛隊の伝統に則り、仲間が脱落した装備品は全員で捜索!片手に無線!片手にライト!地面を這いつくばり「地面とお友達」になりながら「出てくるまで捜索」を行います。

過去には隊員の紛失したミニミの床尾(ストック)固定ピンから、ESSシューティンググラスのノーズパッド、89式の規制子までを発見回収。が、この一斉捜索を行うと出るわ出るわ、皆こんなに落としているのか?と、目を疑うほどの装備品が「出土」します。

定番のハンドガン用のマガジン、ダミーグレネードや小型ポーチ、スリング金具に新品同様のハンドガンetcーーと、装備品を脱落させればいざという局面で使用出来ないーーということは、チーム。つまり、組織として戦闘力を最大限発揮出来ず、同時にたとえエアガンの弾倉(マガジン)一本とはいえ、それだけで各自の本業を時給換算したいくらかの時間と自由を失ったかたちとなる。そして「出てくるまで捜索」。これはなかなか過酷な作業です。

一部で「自衛隊の悪しき慣習」の象徴のように語られる脱落防止も「おこづかい目線」からも非常に重要な着眼といえるでしょう。

またヒストリカル的な見地からもバッチリキメた(?)脱落防止はなかなか絵になるもので、各自、研究されてみるのも一興かと思います。

ひとまず、

・拳銃にはランヤード
・小銃には黒ビニテ
・腰回りにはタイラップ

テッパチの「生け花」(←ヘルメットのカモフラージュ)同様、さまざまな流派と、個人の流儀があるので100%の正解はありませんが、地味に奥深きセカイです。

そして、万が一落としても「戻ってくる」ことを考慮して装備品には所属、氏名を記名することも重要。とくにハートロックなどで同じ装備品で統制した場合、「取り違えてるのに両者気付いていない」ということもままあり、89式小銃で全員が統制した当方の原隊では三人が三人、別人の89を持ってるのに気付いてない。

「なんか今日俺の89やたら調子がいいなと思ったんだよね」

なんてこともありました。

銃床(ストック)にはホワイトで銃番書き込むのが自衛隊野郎の基本ですが、後々を考えて黒テプラも有効です。ちなみに各所で伝え聞く盗難を防止する観点から「魔除け」的にも装備品への記名は有効です。

以上、参考まで。


脱落防止処置については後日詳細を追記します。





同じカテゴリー(参考情報)の記事画像
アホ支群独自の行動計画について
ハートロック会場住所および渋滞迂回路について
現在までの作業進捗について
HR2013 本栖会場地図について
HR2013 注意事項について (宿営編)
HR2013 注意事項について (状況編)
同じカテゴリー(参考情報)の記事
 ハートロック会場への移動について(渋滞対策) (2014-10-05 06:32)
 HR期間中の食料・水の調達について (2014-10-03 05:03)
 公共交通機関利用におけるハートロック会場への移動について (2014-09-13 04:17)
 アホ支群独自の行動計画について (2014-09-07 09:45)
 ハートロック会場住所および渋滞迂回路について (2014-09-07 09:07)
 現在までの作業進捗について (2014-09-02 12:35)
Posted by アホ支群本部 at 03:23│Comments(0)参考情報
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。